綱島を盛り上げるブログ。綱島勢が交代制で色々と。

綱館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

気持ち

相撲です。

4月26日はニコニコ超会議場所。みんな幕張で僕と握手。

最近、キャラ変えが目立つ。特に有名プレイヤーの。
同じバージョンで何年もプレーしてたら飽きるのも当然というもの。
最強を極めた者の余興なのか?他キャラでもう一度頂点を目指す過程を楽しみたいからなのか?
なんて本人は何を考えてプレーしているんだろうな、なんて思う程度に人観察プレイヤー。

前回更新からも間が空いてしまったが、
有りがたいことに相撲にもちょいちょいバーチャ大会の誘いがあり、
有りがたく参加させて頂いているが、まぁ弱い。
やっていないので技術的な部分はもちろん、気持ちも追いついていないので集中が切れるのも早いし、大事な場面でミスる。

逆ピラミッド状態のこんなご時世なので、前にも書いた通り、ここ一番で勝てる人ってのは、やっぱり心が強く、それを支えるための努力をしている人なんだなぁと身をもって体感した次第。

地元、綱島からは人が一人また一人と人生の転機を迎えたVFプレイヤーが旅立っている。
春は出会いと別れの季節だが、そろそろ新たな出会いのきっかけを作るような新作ゲームが出てもバチは当たらないんじゃないかね。

ねぇ、セガさん。
  1. 2014年04月07日 00:08 |
  2. 相撲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その後

相撲です。
ニコニコ超会議場所のチケット申し込み期限に間に合わなかったので相撲モチベも急降下。

先日知り合いの相撲プレイヤーが秋葉の5onで優勝したそうで喜んでいた。
動画はどこかにある模様。

BT杯も終わって早3か月。

燃え尽き症候群は続く。ビートラ杯が終わった後、元々モチベが高くなかった私は、何かと言い訳をつけてプレーする機会をほぼ失った。うっかりすると1か月ゲーセンに行かないという月があったほど。私だけかと思ったが、このようなプレイヤーは多いようだ。

来年はBT杯はあるのだろうか。自分たちの居場所は、いつまでも残ってはくれない。いつまでもあって欲しいと願うのであれば、それ相応の努力は払うべきだ、と思う。しかしながら、私は実際に行動に移さない系クズなので、ゲーセンの閉鎖や減台、大会がなくなって行くこの現状をかなり悲しく思っても行動に移すことが出来ない(せない)。なくなってからでは遅いのに。

この状況は誰のせい?新作を出さないメーカーなのか、他に要因があるのか、とにかく熱が弱まっている状況であるのは確かである。しかし、こんな状況下において大会を開催してくれるオペレータ、ユーザは本当にありがたい。疲弊する業界の唯一のカンフル剤と言っていい。あまり参加出来ないけど、可能な限り大会には参加しておきたいと思っている。先ほど自分には何も出来ないと言ったが、大会に出るくらいはしておきたいものである。

最近思うこと。この状況を所謂バーチャ勢ではない、外側の人間(特にバーチャはやらない格ゲーマー)から見るとどう映るのであろうか。良い意味でも悪い意味でもバーチャはゲーム性・コミュニティ共に敷居が高い、と思うが、完全に火が消えたゲームとは思われたくない。もし今後VF6が出るとしたら、業界がある程度盛り上がった状態で様々な新規参入者に入って来てもらいたいと思う。

まとまりはないけど、この辺で。



  1. 2014年01月19日 23:46 |
  2. 相撲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013 BT杯の感想記

はじめまして、カシンです。

縁あって最近は綱島に出入りしています。
鷹嵐などを使ったりして、屈伸ジェネレーションなるチーム名で大会に色々顔を出したりしています。

本日は相撲さんがBT風邪(ビートラ杯で風邪をもらってくる事)にやられてしまった為、当方が代役を勤めさせて頂きます。

遅くなりましたがBT杯お疲れ様でした。
ファミリー餃子5人前♪の皆さま、優勝おめでとうございます。

同バージョンで3回目と言うモチベーション維持も難しい昨今にも関わらず、実に120チーム以上のエントリー!
みなのバーチャ愛、引いてはBT杯愛が伝わってきます。

確か3TB最後のBT杯が参加60チームくらいだったから、皆のBT杯依存具合が伝わってきます。
一度参加した人は、絶対次回も出たくなりますよね。うん。

下の記事でアナコッポラウが書いてますが、綱島勢の端くれとして、朝から会場入りしまずは綱島商店の応援にレッツゴー。
結果は下の記事の通りですが、BT杯は本当にもう見てるだけで緊張してしまうんですが、ましては普段一緒にVFしてる身内ですので、応援にも熱が入るというものです。
惜しくも大将戦の末に敗れてしまいましたが、これで終わりではなく、また以前のように綱島にVFの火が灯る日が再びやってくることを願ってやみません。


さて自分達の番です。

私は屈伸ジェネレーション(しわ、栗田、メメクラゲ、悶吉、カシン)にて出場。

何気に3年連続同メンバーでの出場です。

屈伸ジェネレーションでBT杯に出るのは今回でもう7~8年目??くらいかと思うのですが、この面子になる前は毎回面子が固定してなかったんですよね。

親方、メメ、餅A、自分+誰か1名って感じで毎回誰かゲストを探すような感じでした。
そこから、餅AがVFから半引退状態になって、あと二人入れるか、チームを解散するか、で悩んでいた時期に私のほぼ独断で悶吉としわを入れたいって話をメメと親方にしたのを今でも覚えています。

確か悶吉を入れたいって親方に話したのは新宿のうどん屋、しわを入れたいってのを他4人に話したのは渋谷ファンファン向かいの根室食堂かなw
我ながらキモイくらい覚えてる件。

屈伸ジェネレーションは、私のわがままで作られたチームなのです。

皆、仕事やら何やらで多忙を極め、5人で組めるのも1年を通してBT杯だけになってしまいました。
でも、年に1回でも全員集合出来るって、素晴らしいことだと思っています。
なんだかんだで毎年集まってくれているメンバーには感謝の気持ちで一杯です。

前回より上の成績を残そう!と挑んだ今回のBT杯(前回ベスト16)。
今回はベスト8でした。

予選のくじ運もかなり悪かったですが、
もう強いチームしかいないんだし、もう自分とチームメイトを信じるしかありません。

結果としてはシードチームを破り2年連続決勝トーナメント進出!
めっちゃ嬉しかったです。てか泣いた(1年ぶり)


自分だけかもしれないんですが、一つだけチームの自慢があるとすれば、
他の誰よりも他メンバー4人のファンである自信が俺にはあります。

しわのずるい大人達のプレッシャーを気合で押しのける所、
親方のP見てから斬撃に代表されるオンリーワンなプレースタイル、
メメのここ一番での集中力と相手を上から見る試合運び、
悶吉の見ていないようで実は相手のスタイルを分析する洞察力。
4人のプレーが大好きです。

だから、メンバーの勝つ試合を誰よりも見たいし、1秒でも長く勝ち残りたい、
いつもそう思ってBT杯には臨んでいます。
出し順も死ぬほど悩むし、試合中もなるべくアドバイスする。当然試合終わった後はへとへとになる。


そして迎えた決勝トーナメント。
奇跡的にタイラントを倒すも、次のファミリー餃子5人前に敗退。

優勝出来なかったのは残念だけど、
正直、明確な実力差を感じました。恐らく、もう一回やっても勝てないのではないでしょうか。
それ故に彼らの優勝には非常に納得感がありました。
あらためておめでとうございます。


来年もBT杯があるか、それ以前にゲーセンにVF5FSが残っているかも分からないけど、
願わくば来年も屈伸ジェネレーションで出場出来たらいいなと思ってます。

応援して下さった皆さま、運営の皆さま、ありがとうございます&お疲れ様でした。


とりあえず皆飲み行こうぜ!打ち上げ!感想会!
  1. 2013年10月20日 01:23 |
  2. 相撲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綱島商店 二杯目

どうもアナコッポラウです。

第14回VFRビートライブCUPに参加してきました。
結果としては予備予選1回戦敗退という残念な結果で終わってしまいましたが、昨年同様大会は朝イチからラストまでいたので全力で楽しむことが出来ました。

個人戦績としては4勝1敗で過去最高の記録でした。
なので自分らの出番が終わってから数時間は『うへへへ~4タテしたった~』とヘラヘラしていました。

ですが翌日以降、考えれば考えるほど『あの時自分が5人目まで抜いていれば…』
という思いが頭を駆け巡って悔しさが込み上げて来ました。

去年を思い返すと開幕お通夜状態だったんですよ。
確か相手の先鋒のジャッキー(傑士くらいだったと記憶しています)に3人あっという間に抜かれてしまって
もうホントにカイジよろしく『引き分けで手を打たないか…?』状態でした。

そこで副将で出たぜんつっぱ(SH)さんが一気に5タテしてくれてチームに精気が戻り、なんだかんだあって地獄の予備予選を抜けたわけです。

だからこそ、かつて無いほど良い流れに乗っていた自分が5人目まで倒せていれば皆のテンションを上げてチーム全体も勢いに乗れていたと思うんですよ。

まあ今になってたられば言っててもしゃあないんですけどね。
思い出すと大声を出したくなります。

もう一つ心残りは神奈川勢を味方につけた全力の『ミッ!キー!拉麺!』が叫べなかったことですね。
あれさえ出てれば誰が相手でも勝つ自信があります。

てなわけで応援してくれた皆様ありがとうございました。
そしてチーム綱島商店の皆もお疲れ様でした。

ではまた綱島セガでお会いしましょう。

ミッ!キー!拉麺!
  1. 2013年10月18日 02:12 |
  2. アナコッポラウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二杯目

どうもジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル 数量限定生産 黄金体験BOXを半年前から予約して定価で購入したアナコッポラウです。ちなみにJOJOVELLER完全限定版も購入済みです。

さて、来たる10月13日(日)に行われるバーチャファイターの祭典『第14回VFRビートライブCUP』に今年もチーム『綱島商店』として参加します。メンツはと言うと…

おなじみ綱島最強晶
ミッキー拉麺(AK)

一日一万回、感謝の斜上掌
アキレス(LA)

ついに動いた綱島の最終兵器
まぐろっく(KA)

むかしはちょ~つよかった(小並感)
かいこ(SH)

画面?見てるよ。スマホの
アナコッポラウ(JA)

という綱島が誇る錚々たるメンバーです。昨年とは若干メンツが変わりましたが、平均年齢が上がったのでそれに比例して強さもアップしています(当社比)

昨年は予備予選突破という出来過ぎた結果でしたが今年はどうなるやら…
皆様応援よろしくお願いします。

それでは当日、晶の修羅〆コンボで一緒に叫びましょう。

ミッ!キー!拉麺!
  1. 2013年10月10日 00:26 |
  2. アナコッポラウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。